姫川薬石

 

姫川薬石

痛んだ体を「姫川薬石」で癒やしませんか?

「311」以降、ブログ「京の風」でも紹介してきた「姫川薬石」が今年も入荷・販売中です。

この姫川薬石は、糸魚川市の親不知海岸などで採取されます。
ここは、日本アルプスの最北端で、岩盤が日本海にそのまま入り込む大絶壁を作り出しているところです。

また、ここはヒスイで有名なところですが、ヒスイの鉱床のとなりからは、姫川薬石も採れるのです。
この姫川薬石からは微弱な天然ラジウムが出ています。このラジウムは、いたんだ細胞を修復する効果があると古くから言い伝えられています。

地元の方々にはお風呂に入れたりなど古くから健康目的で使用されてきました。

(注)姫川薬石は放射線を除去するものではありません。放射線は出来るだけ浴びないようにしてください。

糸魚川から海岸に漂着した姫川薬石は日本海の荒波で十分に洗われたものもあり、この場合、ラジウムの出方は、さらにマイルドになります。
その石は表面が完全にスベスベで肌に当てると肌がツヤツヤになります。

温泉にも天然ラジウムやラドンがでるところがあり、秋田県の玉川温泉、鳥取県の三朝温泉などにはたくさんの人が病気療養に訪れます。原発事故のあった福島にある三春温泉もラジウム温泉で有名です。

「311」以来、日本全国に見えないレベルで原発の放射線が飛び、細胞が痛んでいます。これは、細胞を針やナイフのように傷つけているのです。すこしでも、細胞を修復するために、天然ラジウムを上手に浴びることをお勧めします。

痛んだ細胞の修復には、パワー系でなく情報系が肝心です。なるべくやわらかく微細で、穏やかな波形の周波数を丁寧に細胞に当てることで、周囲の細胞同士で情報交換を活発化させ本来の治癒能力を引き出します。

使い方は、姫川薬石を、「お風呂に入れる」「体の痛いところ、気になるところにあてる」「部屋に置いておく」「持ち歩く」などなど様々な使い方が出来ます。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

7商品中 1-7商品

その他のカテゴリを見る

  • フルーツガーリック
  • DVD
  • ヒーリングアクセサリー
  • レポート・資料
  • 姫川薬石
  • 伊都幸の宇治茶