【皆神塾DVD】新井信介講演会(「2月17日名古屋」及び「2月24日大阪」:2枚組)

【皆神塾DVD】新井信介講演会(「2月17日名古屋」及び「2月24日大阪」:2枚組)

今回は、「2月17日の名古屋」開催分と「2月24日の大阪」開催分をセットで1回分の価格で販売させていただきます。

2013年2月17日:皆神塾・名古屋

講演内容: 『安部政権を生み出した「世界」の裏事情 〜放射能を無視したまま、デフレ脱却は可能なのか〜』

昨年、圧倒的な得票で政権に返り咲いた自民党。安部政権は補正予算と今度年度予算を組んで、円高とデフレを脱却するという。年末から始まった、期待だけ(エアー)の為替と株式の熱狂は、果たして、穏やかで未来の見える実態を作りだすのだろうか?安部晋三は総選挙後、すぐに福島に行ったが、今年になってメディアに多く登場するのはiPS細胞の技術や陽子線治療で「ガンは治癒できる」という情報ばかり。福島県では県産野菜の給食が復活し、漁港は放射能汚染水を放出することを認めた。

民主党政権は法治国家での「統治」を知らず、労働争議の次元で政治を捉え、官僚は責任放棄と利権の放埓ばかりだった。さて、安部自民はどうか?まず、金融と資本主義。そして、中国を敵役に国家の枠を取り戻し、中心を確認。しかし、そこには、国民のイノチの尊厳が、完全に欠けている。

これまでのルール(常識)を無視した三本の矢「大胆な金融政策・機動的な財政政策・民間投資喚起の成長戦略」の実情や、アルジェリアで発生した日揮事件の背景、そして、「本気」と「やらせ」の戦争屋。そして、ケシュ財団とフリーエネルギー。

なにより、日本が世界の中心になるための情報機関の設立まで、最新事情を解説します。

レジメ:

基本事項: .泪諭次.侫薀奪伐宗癖弧世離好織鵐澄璽鼻法

国家の枠組みと核 生存、真実の公開〕



1) アベノミクス・・・エアーでも財務に余裕のでた日本企業

  政治は結果責任。行きはよいよい・・・。一か八かの世界経済。個人は自衛策にカネを使う。          

三本の矢「大胆な金融政策・機動的な財政政策・民間投資喚起の成長戦略」

金融政策でデフレ脱却は困難。 天皇の金塊で、裏技公開。株式市場で金余り?

2) 放射能より、中国の毒ガスpm2.5  放射能汚染の実態が公表されない

東京オリンピックをやんわり諦めさせる。福島の真実は公表せず、癌患者が増えたほうが経済は助かる。

3) 紀元節(2月11日)にローマ法王が辞任表明。後継者に日本の枢機卿?

明治維新(皇室典範)とバチカンの総決算   日本人のアイデンティティー。

4) 北朝鮮のウラン型核の実験で、国際政治が変わった

   昨年10月に変化。戦争屋を鎮める。おもちゃからの脱出。

5) モスクワG20 浮きカネが世界を駆け巡って、日本を潤すには?

経験則では、賃金が増えないまま、物価と税金が上がる。

大判振る舞いが始まるのは、補正の3月から。国土交通省。10兆円『公共事業』   

育成型の国際金融で、海外需要と連動するか?

6) アルジェリアの日揮事件とグアムの殺人事件

7) ケシュ財団とフリーエネルギーは、国家から出るか?

8) TPPで自民党は分裂?   憲法改正



行政機能を変える。 夏の参院選挙で問われる。

   A 国家の権限を強く残す。 軍事、統制。 

B 国家の権限を少なくする。自律、自立。

2013年2月24日:皆神塾・大阪

講演内容: 『式年遷宮の年に、日本が生まれ変わるか?〜生存と新生をかけて、今、戦場にある。』

来年以降を考える時、一番肝心なことは何でしょうか?オバマ再選は、日本の宗主国であるアメリカで、戦争屋が押し込められたことを意味しています。2013年、式年遷宮に向けて、日本の皇祖神アマテラスが、どう変わっていくか、です。

明治期に、記紀の記載に基づいて、それまでの天皇を一つの家系に編みこんだ日本政府。強引に「万世一系」をつくりました。これは今に続くピラミッド型の社会構造を作るもので、全国民を天皇の赤子にしました。戦後の官僚支配は、基本的にこの構造を継続しています。それをアメリカが利用してきました。

これがグローバル化の中で、どう切り替わっていくのか?国家と共にあった「日本精神の核」が失われたままなら、日本社会は、ぼろぼろです。アマテラスは明治以降、中央集権の核であり、同時に列島外に日本が軍事拡大するときの精神的支柱でした。しかし、そこでは、本当の意味で、平和の使者には、なれなかった。 その理由は、アマテラスは、ブッダやキリストとちがって、日本語を話す人間にとっての「部族神」に留まっていたため。森羅万象と個々の人間の本質・本源にまで、きちんとした考察がなかったためです。 

690年の伊勢神宮の整備(第一回の式年遷宮)から、701年に大宝律令ができた当時の日本列島で、列島内にいる多くの部族を纏めるための、新しい国家の民族神として構想されたのが、アマテラス。この神を、日本列島だけの神や日本語を話す人だけの神でなく、地球全体の誰からも歓迎される神に変えることが出来るかどうか?これは、現代に生きる日本人の課題と、私は考えます。

2013年は、ヒロヒトファイルが公開されるとも聞いています。幕末明治だけでなく、二二六から、開戦の詔勅、終戦まで、どんどん事実が出てくるでしょう。どうしたらよいのか?一緒に考えていきましょう。

レジメ:

1) 日本にある「奥の院」と「伏摩殿」は、大宝律令の完成時から

島国ニホンを、地球全体に繁栄をもたらす国(統治体)に変えるために。

モスクワG20  日米首脳会談。

紀元節(2月11日)にローマ法王が辞任表明。12日、北朝鮮の核実験。

2) 補正予算の実態が明らかになり、アベノミクスに変化か

財務に余裕のでた日本企業はどこにいく。                                        三本の矢「大胆な金融政策・機動的な財政政策・民間投資喚起の成長戦略」。

一か八かの世界経済。経験則では金融政策でデフレは脱却できない。

賃金が増えず、増税・物価高に泣くだけか?   個人は自衛策にカネを使う。                   育成型の国際金融で、海外需要と連動するか?

3) 北朝鮮のウラン型核の実験で、国際政治が変わった

昨年10月に変化。戦争屋を鎮める。「おもちゃ」からの脱出。                             中国の毒ガスpm2.5 と放射能汚染の実態。 東アジアに生命次元の一体感。                  既得権優先の「東京オリンピック」をやんわり諦めさせる。

日本の経済〔利益〕優先社会はイノチを無視。癌患者が増えたほうが経済は助かる。→これが変わるか?

4) ワンワールドの先にあるもの。王族たちが期待する未来の日本人の姿

世界に広がる日本。守るものは?(アルジェリアやグァムの教訓)。

フクシマ3号機を爆破させたマグナBSP社の隠された使命。

明治維新(皇室典範)とバチカンの総決算   

5) 箸墓古墳を公開する意味

日本人のアイデンティティー。

本当のヘブライの血の意味、そして、縄文の魂を引き出す試練。

根本解決への支援はあるか? 

IT長者が山中教授を表彰。王族会議は資金の新しい流れを作る。

ケシュ財団の技術とフリーエネルギーは、国家から出るか?

二つのジリツ(自立,自律)とその実践。
  • 6,000円(内税)